商品モニター、ブログリポーター専用のサイトは「ブロネット」で!

メニュー
閉じる

Close

LANTELNO White HQ Cream(ホワイトエイチキュークリーム)

当選モニター
120 名様
募集期限
あと 2

モニター詳細


商品名 LANTELNO White HQ Cream(ホワイトエイチキュークリーム)
商品内容 ●商品の使用用途
シミ取り用としてポイント使いいただくものになります。※全顔へのご使用はお控えください。

▷ハイドロキノンとは?
肌の漂白剤といわれ、できたシミを薄くできる 成分です。

効果実感が高いぶん刺激もあるため、今まで高配合のものは医師しか販売できませんでした。
しかし現在は法律が改正されたことによって市販品でもと取り扱いが可能になっております。

※メラニンの抑制(シミ予防)は医薬部外品(美白化粧品)・いろんな化粧品で可能ですが、
メラニンの還元(できたシミを薄く)することは医薬部外品、その他の成分では難しい(ものすごく時間がかかる)と言われています。


▷肌にはどのように作用するか?
クリームをのせた部分が漂白され、白くなっていきます。
※徐々に薄くなっていくものなので、いきなり白くなることはありません。
メラニンだけに反応するのではなく、肌にのせた部分にも反応していくものですので、シミ以外にはご使用なさらないようお願いいたします。
個人差はあるものの、平均的な効果実感は3ヶ月、早い方ですと1ヶ月前後くらいから感じはじめる方もいらっしゃいます。


▷ハイドロキノンの メリット/デメリット
メリット:できたシミに効果を発揮できる
デメリット:肌への刺激が強い、酸化しやすい、開発の段階でも扱いにくい成分とされている


●今回受けていただくWhiteHQCreamの特徴


①純ハイドロキノンを5%配合
ハイドロキノン成分は酸化しやすく、非常に扱いにくいものとされています。
そのため近年では安定性が重視され、”安定型ハイドロキノン”という成分が開発されました。
しかしこの成分は純ハイドロキノンに、他の成分が複合されつくられたもの。純ハイドロキノン自体の濃度は薄まってしまいます。
濃度の差を比べると、その違いは3倍もあります。
※安定型5%と書かれているハイドロキノンクリームに含まれた純ハイドロキノン成分は1.5%程度の配合になっています。

ですからWhiteHQCreamは実感力を追及するため、純ハイドロキノンにこだわりました。

②処方組で安定性を重視
市販・通販問わず、ほぼ全てのハイドロキノンクリームは、水がベースで設計されています。
しかし水をベースにしてしまうと水分量が多くなり、すぐに酸化してしまい、安定性を保つことができません。
このハイドロキノンの酸化しやすいデメリットを解消するため、WhiteHQCreamは独自のベースで設計。
グリセリン(保湿成分)をベースにすることで安定性を極限まで保つことに成功しました。成分・製法・濃度、全てにこだわった美容クリームです。
※チューブの先端を下にしておくと、水がでて分離してしまうことがございますが、酸化につながるものではございません。
水分・油分のバランス量は保管環境によっても異なります。

③ハイドロキノン以外にも成分配合にこだわりました。
ビタミンC誘導体※(APPS)
ビタミンA誘導体
(※パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)(※パルミチン酸レチノール)
ヒト型セラミドEOP・ヒト型セラミドNG・ヒト型セラミドNPヒト型セラミドAP・水溶性コラーゲン・プラセンタエキス
リンゴ果実培養細胞エキス・ブドウ果実細胞エキス・アルガニアスピノサカルス培養エキス・カンゾウ根エキス

④肌への負担をなるべく軽減
合成着色料・合成香料・エタノール・石油系界面活性剤・シリコーン・紫外線吸収剤・パラベン 不使用

⑤国内工場開発
化粧品は海外の工場で処方組・製造され、日本で売られていることもありますが
LANTELNOは全ての工程を国内でおこなっています。
※GMP取得工場

●WhiteHQCreamを使い、気になると思われる点

①肌にのせると白くなることがございます
理由:軟膏タイプのテクスチャ―になっているので、肌にのせると白くなります
(水分ベースではなく保湿ベースでつくってるので浸透してないように感じるかもしれませんが効果はございますのでご安心くださいませ)
また白くなるのは自己乳化している証拠ですので、品質にも問題ございません。

②分離することがまれにござます
水分・油剤をたして処方しておりますので、分離して水分だけが先に出てしまう可能性があります。
分離した状態になっても水分・油剤ともにハイドロキノンが溶けこんでおりますので、製品の効果自体に遜色はございません。

●ハイドロキノンクリームご使用上の注意 

①使用は夜のみ(おやすみ前)でお願いします。
使用している期間は肌がダメージをうけるため、紫外線をあびるとシミがこくなってしまう可能性があります。
日中の使用は控え、日中に使用しなくても使用箇所にはファンデーションや日焼け止めクリームをぬってください。

②全顔には使用しないでください。
シミ部分のみに使用お願いします(体にも使えます)

③酸化しやすい成分なので、冷蔵庫で保管してください。

④肌への異常があった時は、使用をお控えください


●使用順
洗顔→化粧水→美容液→クリーム(または乳液、オールインワン)→ハイドロキノンクリームの順です。
ハイドロキノンのご使用は一番最後になります。
商品URL https://lantelno.jp/products/cream/
提供元 株式会社Koloha


報告回数 1 回